丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/09/07 更新北海道秩父別産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 更新2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 更新「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > そばを『打つ』と言うのはなぜ?

そばを『打つ』と言うのはなぜ?

山形県の板蕎麦の紹介の中で蕎麦のうまさを引き出す、つなぎを入れない生粉打ちについて下記の様に記されています

この地方では大きく丸くのす
それを麺棒に巻き付け、のし台に打ちつける

典型的な田舎蕎麦の打ち方と記述があります
このように、蕎麦(うどん)では古くから「打つ」「手打ち」という言葉があり、その作り方に“叩く”、“打つ”に近い動作があるから「打つ」という語がでてきたものと思うのは自然なことです

著書「風流大名蕎麦」では、『実は、捏ね上げて玉にした生地を木槌で「打った」工程がまさしくあったのです』という記述があります
この記述を読むと、古くから蕎麦づくりで「打つ」動作があったから「蕎麦を打つ」としたと考えられます
また別の説では、平安時代から“ほうとう”は打つと言います
中国語の餅をつくるという意味の「打餅」から来ていると考えられます(古く中国ではほうとうや麺も餅と言っていました)

中国で切り麺が盛んに食されるようになったのは唐の時代からで呼び方も分化し、餅と麺に分かれました
「麺をつくる」という中国語はいくつかの言い方があり広東語では「打麺」と言い、麺類の文化が日本に伝わった時に「打餅」「打麺」も伝わり、うどんや麺類を作る事を「打つ」「そばを打つ」になったと考えられます

心を打つ、注射を打つ、電報を打つ等動作の内容に関連しない打つはいっぱいあります
これは中国語の「打動」「打針」「打電報」が日本に伝わって「〜を打つ」と言うようになったのではとも考えられます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)