丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/09/07 更新北海道秩父別産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 更新2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 更新「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > そば > そばの雑学 > そば粉を保管する木鉢下の役割

そば粉を保管する木鉢下の役割

「木鉢下」とはもともとは木鉢を据える台として利用した丸桶の事でしたがやがてこの桶の中にそば粉と小麦粉とを予め一定の割合で混ぜて入れて保存するようになり、そこから木鉢下は桶ではなく中の混合粉の事を指すようになりました

そば粉は殻の付いたままの玄そばと比べてはるかに劣化のスピードが速くなります
ある程度の日数にわたって保管する場合には低温保管する事になりますがその場合、そば粉の出し入れの温度差はせいぜい5℃くらいが限度です
それ以上に温度差が開くとそば粉がいわゆる「アセをかいた」状態になって品質の劣化を早めてしまいます

一般に生きている粉は水分を吸収したり吐き出したりして呼吸をしています
この水分の吸収許容量がそば粉は小さく小麦粉は大きいです
この性質の違いを利用したのが木鉢下です

空気中の水分が増加してそば粉が吸収しきれなくなった時は小麦粉が吸収し、逆に乾燥しすぎた時はそば粉が小麦粉の水分を吸収する事によってそば粉だけで置いておくよりも鮮度の良い状態を長く保つ事ができます

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)