丸抜きそば、そばの実、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/10/28 更新ロト・ナンバーズ「超」的中法(2017/12)に掲載されました
2017/10/21 更新北海道音威子府産新そば新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/07 北海道秩父別産新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/09/02 2017年北海道産地視察を視察
2017/08/04 「duet(デュエット)9月号」に掲載されました
2017/08/01 栃木産都賀産夏新そば(キタワセソバ)を販売開始
2017/07/17 NHK あさイチ 6月27日で「夢の3シェフNEO そばの実」放送されていました。「そばの実」を使ったレシピがいろいろ紹介されています
2017/06/24 「池袋から15分マガジン」に掲載されました
2017/06/23 TBS ビビットの取材が有りました
2017/06/21栃木県夏そば視察(29年6月17日)を掲載
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > めん好き広場 > 旅紀行 >2017北海道産地視察

2017北海道産地視察

投稿者:北東製粉株式会社

2017/08/24〜 2017/08/25

8月24日
 北ひびき農協

今年の北ひびき農協のそばの作付面積は 春小麦の作柄が悪く鋤きこんだため その畑に そばを栽培したこと
経営所得安定対策の交付単価が増加したことにより昨年比100町歩ほど播種面積が増えて約800町歩の作付面積となっている
今年は播種開始直後の5月下旬と播種終盤の7月上旬に雨が多かったため その時期に播種した畑は 雨により肥料が流され発芽率が悪く 雑草の多い畑も多少あるが ほとんどの畑は7月の好天により概ね順調な生育状況である
また今年はここ数年心配されていた穂発芽も8月に入り気温も平年並みよりやや低い日が続き 心配ないようです

和寒 中和地区 斉藤さんの畑
5月30日に播種した畑だが この畑は雨の影響も少なく生育状況良く 結実し始めている

播種時期に雨の影響を受けた畑

剣淵 北越さんの畑
牧草跡地を借り受けてそばの栽培を始めて間もない畑
葉の緑色も濃く生育状況はとても良く 2俵/反以上の収穫が期待できそうです

剣淵 葛西ファーム
10町歩近くある広大な面積のそば畑
雑草も少なく 雨の影響も受けず 順調な生育であることが窺える

手打ちそば 淳真で昼食
多寄で自家栽培したそばを自家製粉・手打ちで提供する こだわりのお蕎麦屋さん

8月24日
 音威子府

道内でも有数の高品質のそばを栽培する生産地です
若い後継者が多く育ち 今後もますます良質なそばの生産地として期待される地域です
今年は5月20日〜7月6日頃までに播種を行い 雨の多かった7月初旬に播いた畑以外は 全体的に見てここ数年の中では一番良く 順調に生育している
畑作地域の音威子府でも水はけの悪い畑は 多少水ヤケなどもあるが 暗渠の施工や深耕機で土質改良をしっかり行っている畑は 畑の端まで際立って生育が良好であった

音威子府@
暗渠の施工や深耕機での土質改良を行っている畑は そばの分枝も多く葉の緑色も濃く 生育状況が良好です

音威子府A
雨の通り道となった場所は やや倒伏しているが 収穫にはあまり影響はないようです

音威子府B
暗渠などの排水対策や 土質改良の間に合わなかった畑は やや水ヤケしている

音威子府C
7月上旬の播種終盤の畑は 肥料をあえて少なく施肥して草丈を伸ばさず茎を太くすることで 結実を早くする工夫をしている

音威子府D
排水対策が間に合わず 雨の多かった7月上旬に播種した畑は一部だが 雑草が目立つ

音威子府E 天塩川周辺のそば畑
例年3表/反近く収穫されるそば畑で 今年も生育状況は良好で 例年通りの収量が見込まれる

8月25日
新得農協

新得農協の参事・部長と 昨年のそばの品質と今年の作付及び生育状況などを意見
交換管内の南富良野は そば専用の乾燥調製施設の完成に伴い 小麦とのコンタミ問題の解消
収穫して一気に持ち込まれる玄そばの受け入れ体制が整備されたこと
経営所得安定対策の補助金の交付単価が増加したことにより 前年比1割増加し 200町歩の作付面積となっている
6月の播種時期は低温で天候不順であったが 7月の好天により現在は生育状況良好で 大きな被害もなく生育している

新得町農協そば専用施設
小麦と同じ調製施設との併用によるコンタミ問題を解消し より安心・安全なそば産地の確立を目的として平成27年度に新設された乾燥調製施設
1日8時間稼働・総作業日数34日で最大処理能力は製品で約17,000俵(45s/俵)を計画しているとのこと

写真

玄そば専用の定温倉庫
結実が始まり収穫期を迎えているが 未だ実のふくらみが少ないため もう少し待って刈り取りを行う予定

写真

新得物産 そばの館

写真

そばレストランで昼食

写真

そばレストラン内で手打ちそば教室も開催している
また別棟で新得産乾麺の製造を行っている

写真

南富良野・北落合地区
6月上旬に播種したそば畑
7月の好天により生育状況は良好で 3表/反近くの収穫量が期待できる

写真

南富良野
7月上旬に播種した畑は そばの花が満開です

写真

美瑛
ここ数年は播種時期の多雨により 雑草や水ヤケの目立つ畑が多かったが 今年は播種時期の雨の影響は少なく 7月の好天によりまずまずの生育状況でした

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)