業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > めん好き広場 > 旅紀行 >2016北海道産地視察

2016北海道産地視察

投稿者:北東製粉株式会社

2016/09/05〜 2016/09/07

9/5 北ひびき農協管内 (和寒・剣淵・士別)・音威子府

北ひびき農協管内
 (和寒・剣淵・士別)

ここ数年 取引相場の高い大豆への作付けが定着したため そばの作付面積は当農協管内では 700町歩にとどまっている
台風の大雨の影響で 肥料が流され ひえなどの雑草の多い畑も所処ある
今後の天候にも左右されるが 契約数量の収穫量は問題ない様です
北ひびき農協の乾燥調整施設は 年前より新たにもう1施設開設し一気に収穫されて来る玄そばを滞りなく受け入れ 乾燥調整を行う体制が整備されている、
穂発芽や受種穀粒の選別は 特に注意を払っており 品質が安定している

北ひびき農協の乾燥調整施設
8/29から収穫が始まり 9/5現在進捗は20%程度とのこと
調整後の玄そばは 粒度も良く 丸抜きの色も淡い緑色で良好です

和寒(南丘)の畑
8町歩作付をしている佐々木さんの畑。
除礫のため播種が遅れたが (7/9播種) 適度な草丈で台風の雨・風の影響も少なく 良好な生育状況です

和寒(西和)の畑

剣淵の畑
6/10頃 播種した傾斜地の畑で 雨・風の影響はほとんどなく良好な生育状況です
また 播種後に中耕を行い 管理も行き届いている

剣淵の畑
台風の雨の影響で 除草剤が流されたため ヒエなどの雑草の目立つ畑も見受けられた

士別(川西)の畑
傾斜地が多く 牧草の後作も多く 地力もあり 葉・茎もしっかりとしている様子がわかる

士別で手打ちそばの昼食

音威子府

道内でも 有数の高品質のそばを栽培している生産地です。
若手の後継者も多く 今後も良質なそばの生産地として期待されている。
5/20から7月上旬にかけて播種を行ったが 6月中旬まで雨が多く 土地の養分を吸い過ぎ茎の水分が多い柔らかい茎のそばは 台風の雨・風で倒伏したものもある様だが 大きな被害は無い様です

音威子府の乾燥調整施設

写真

音威子府の畑
結実が始まり収穫期を迎えているが 未だ実のふくらみが少ないため もう少し待って刈り取りを行う予定

写真

音威子府の畑
台風の強風で一度は花が散ったが ここもとの好天で 再び花が咲き始めている

写真

音威子府の畑
牧草地の後作のそば畑は 地力も良く 生育状況も良好で葉の緑色も濃いのがわかる

写真

音威子府
天塩川沿いにあるそば畑。
川沿いにあるため台風による雨の被害が心配されたが 生育状況は良好で 例年並みの収量が期待される

9/6 余市町・共和町・ピンネ農協周辺

当初 新得・南富良野に往訪の予定でしたが 今般の台風による甚災のため 道西の余市町・共和町への視察となりました
毎年お世話になっている新得・南富良野地域の いち早い復興を祈念致します

余市の集荷問屋
・赤井川村・共和町

余市の集荷問屋へ訪問し意見交換したのち 赤井川村・共和町のそば畑を視察する。
ニセコ連邦の海側に位置するこの地域は 台風の風による被害は少なかったものの 雨量が多く水田転作の畑は水ヤケした畑が見受けられた

赤井川村
盆地に位置する土地にそばを栽培している。
播種時期が早く 水はけの悪い畑は やや水ヤケして赤い茎が目立つが 播種時期が遅く廃水が良く水はけの良い畑は 生育状況が良好である

余市町
8月の台風による雨の影響で 水ヤケの目立つ畑が散見される。
訪花昆虫のハチの往来も少なく 結実も去年より悪く 収穫量は平年の6〜7割の様です

共和町
全体で400町歩そばを栽培している道西地域では 主要なそばの産地です。
播種の時期をうまくずらしており 天候被害は少なく 生育状況は まずまずの様子です。
そば畑の向こうに日本海と泊原発が望めるロケーションの良い畑です

ピンネ農協周辺
(浦臼・新十津川)

当地域は5月下旬からの播種後 6月の長雨により除草剤が流されたため 播種時期の早い畑は雑草(主にひえ)がそばの生育を邪魔し 収量に影響を及ぼしている。
一方 6月下旬〜7上旬の遅めの播種の畑は 生育状況は良好で 平年並みの収穫が望まれる

新十津川の乾燥調整施設

調整を終え 麻袋へ詰める様子

現在収穫している畑は 播種時期が早かったため ひえが多く見受けられる

新十津川の畑(6月下旬〜7月上旬播種)
遅めの播種の畑は 雨の影響をあまり受けず 雑草も少なく生育は良好です

新十津川の畑(6月上旬播種)
早めの播種の畑は 6月の長雨も影響で ひえが目立ち 水ヤケして赤い茎も目立つのがわかる

9/7 旭川の集荷業者との意見交換 東神楽・美瑛を視察

東神楽管内

東神楽管内は約400町歩のそばを栽培している地域で 主に水田からの転作の多い地域です
今年は8月の台風による被害は少なかったものの 5月下旬から始まった播種直後からの長雨の影響により播種の早い時期の畑は除草剤が流されてしまったため 雑草(主にヒエやアカザ)などの目立つ畑が散見された
6月中旬以降の播種の畑は 比較的生育状況の良いことが窺えた
今年は、道内全域で播種の時期の違いによる畑の状態の違いが例年より大きいようです

東神楽(旭川空港周辺)

東神楽(旭川空港周辺A)

東神楽(旭川空港周辺B)

東神楽(志比内)

美瑛

例年収穫の早い地域
今年も既に半分以上の収穫を終え 刈取り後の畑が多かった
刈取りあとを見ると 雑草も多く やはりこの地域も遅播きの畑の方が生育状況が良好の様です

美瑛(五陵)

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)