業務用丸抜きそば、そば粉、うどん粉、道具の販売・通販 そば打ち体験、うどん打ち体験の教室開催
そば粉は、国内産石臼挽きを主力に販売 うどん粉は、業務用を除き1Kgから販売
サイトマップ
ホーム

 

更新情報
2017/05/25 月刊タウン誌『池袋15´』(いけぶくろ・じゅうごふん)の取材が有りました
2017/05/11 更新茨城県山方町産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/04/29 更新平成29年度江戸ソバリエ認定講座のご案内を掲載
2017/04/21 更新香川県讃岐うどん店市場調査(29年4月)を掲載
2017/04/12 更新栃木県真岡市産そば(常陸秋そば)を販売開始
2017/03/28 取材を受けた 生活情報誌『ゆたか』春号が発刊されました
2017/02/24
そばと健康に関するページをインデックスしました
2017/02/09 生活情報誌『ゆたか』春号(3月10日発行予定)の取材が有りました
過去の更新情報リンク


Google

サイト内を検索
WWW内を検索

工場案内へ

会社案内

戻るホーム > めん好き広場 > 旅紀行 >2014北海道産地視察

2014北海道産地視察


投稿者 北東製粉株式会社

2014/09/02〜2014/09/04

 

9/2
新得農協管内視察

新得農協の五十嵐さんと昨年のそばの品質や今年の生育状況などを意見交換

昨年は、新得330町歩・南富良野350町歩程作付面積があったが、今年は調整施設や収穫時の刈り手不足、経営所得安定対策の補償額の減額などの理由により各々100町歩作付面積が減少しているとのことです

生育状況は、播種直後に雨が多かった為に雑草が目立つ
その後は平年並みの気候で順調に開花したが、訪花昆虫が少ない為か、結実状況は良くない様子で、平均反収は、1俵の予想です


写真

新得農協近くのみなとやで昼食

お昼前にもかかわらず、満席の繁盛店
この地域特有の色の黒い田舎風のおそばです

写真  

写真

南富良野・川向のそば畑

例年は3〜4俵近く収穫されるが、受粉率が悪くしっかりと結実していない畑が多く散見された

写真 写真

写真

筋播きにより播種し、その後中耕等への手入れを行い、雑草もほとんどないきれいな畑です


写真

7町歩近くある、南富良野のそば畑

やや高台にあるこの畑のそばは生育状況も良好で、2俵/反の収穫量が見込まれる

写真 写真

写真

旭川市永山町のそば畑

10町歩近くあるこの畑は、きれいに筋播きされており、生育状況は良好であったが、受粉期の訪花昆虫の飛来が少なかったのか、結実状況はあまり良くない
収穫した畑の反収は、1俵弱しか無いようです

写真 写真
写真 写真

写真

東神楽・志比内のそば畑

上川盆地周辺は、極地的な豪雨等の天候による被害も少なく、結実状況も良好です反収目標は、2俵とのことです

写真 写真

写真

先週収穫を終えたそば畑

2俵/反 近くの収穫量があったそうです


9/3
北ひびき農協管内視察

北ひびき農協の森部長・細川課長意見交換

今年の北ひびき農協管内のそばの作付は、経営所安定対策の補償制度の見直しの影響もあり、昨年より約100町歩減少し、900町歩の面積に播種・栽培している

6月初旬より7月上旬にかけて播種
播種後の長雨や8月初旬の大雨により生育不良や倒伏もあったが、開花までは順調であった
しかし、受粉期の訪花昆虫の飛来が少なかった影響か、受粉率が悪く不稔が目立ち、結実状況は良くない
昨年の平均反収が1.5〜1.6俵であったのに対し、今年の反収目標は1俵が良いところではないかとのことです


写真

北ひびきの乾燥調製施設

8月25日頃から収穫が始まり、現在一次乾燥を行っている一次乾燥(半乾燥)後、外気による水分の戻りを考慮して、1週間程度置いた後に15.5%〜16%の本乾燥に仕上げる

写真  

写真

和寒の圃場(6月上旬播種)

8月中旬迄の受粉期の訪花昆虫の飛来が少なかった影響か、受粉率が悪く、結実していない不稔が目立つ圃場が今年は多く散見される

写真  
写真 写真

写真

和寒の圃場(6月中〜下旬播種)

まだ若干、花が残っており、これから結実すればある程度の収穫量が見込まれるのだが・・・

写真  

写真

和寒の圃場(7月上旬播種)

7月上旬に播種した畑は、花が満開です

写真  

写真

剣淵の圃場1

剣淵の畑作のそば畑は、生育状況も良好でまずまず収穫量が見込まれそうです

写真  
写真 写真

写真

剣淵の圃場2

酪農を兼業する農家の畑は、堆肥を施肥しているため、地力が有り生育状況も良好で毎年収穫量が多い

写真  

写真

剣淵の圃場3

緑肥を施肥しているが、連作により地力の弱い畑は茎も細く生育状況は悪く雑草も目立つ

写真  

9/3
音威子府・幌加内・江丹別

例年、道内でも有数の高品質のそばを栽培している生産地

若い後継者も育ち、今後も良質なそばの生産地として期待されている地域です

今年は6月上旬の播種直後の長雨により発芽しなかったり、種子が雨に流されてしまい 播き直した畑が1割以上もある
8月上旬の大雨により手塩川が氾濫し水没した畑もある
また、その長雨の影響により、そばが生育せず、雑草(主にヒエ)に土俵の養分を奪われ、例年になく雑草が多く散見され、そばの収穫量にかなり悪い影響を及ぼしている

平年作であると2俵近い反収のこの地域も、今年は1俵の反収があれば良いところではないか・・・


写真

音威子府

長雨の影響で例年より雑草が多く、結実状況も悪い様子がわかる

写真  

写真

8月上旬の大雨で手塩川が氾濫し水没してしまった畑

この様に水没してしまった畑が音威子府で約70町歩、幌加内で300町歩もあるとのこと

写真  

写真

収穫中の加藤さんに今年の生育状況を聞く

播種直後の長雨による生育不良、8月上旬の大雨による水没により、今年は収穫量も例年より少ない予想


写真

音威子府

牧草地の後作のそば畑は、地力も強く生育状況は他の畑に比べて良好で、結実状況も悪くない様子がわかる

写真  

写真

幌加内(政和地区)

播種後の長雨により、播き直した畑が多く散見される音威子府に比べ雑草は少ないものの、結実状況は悪く、あまり収穫が見込めない様子

写真  

写真

幌加内(政和地区)

8月上旬の大雨により川が氾濫し、水没してしまったそば畑


写真

幌加内(下幌加内)

幌加内南部のこの畑は、暗渠の設備がしっかりしており、緑肥等栽培に手間をかけており、他の畑より生育状況は良好で、平年並みの収穫量が期待できる

写真  
写真 写真

写真

江丹別

江丹別も播種後の長雨により、雑草が多く散見され、結実状況も良くない様子

写真  

9/4
多度志(湯内)

この地域も6月播種直後の長雨の影響で、生育状況の悪い畑が目立つ

暗渠・排水設備の整った畑や高台にある畑は生育状況が良く、土地の低い場所にある畑や排水設備のされていない畑は水ヤケが多く散見される


写真

多度志(排水設備なし)

排水設備の整っていない低い場所にある畑は、全般的に生育状況悪く(全体的に赤く見える)、結実も悪いのが確認できる

写真  

写真

多度志(排水設備あり)

排水設備の整備された高台にある畑は、生育状況良好で結実も良いのが確認できる

写真  

9/4
秩父別

水田転作畑は6月の播種直後の長雨の影響で生育状況は悪く、収穫した畑の反収は0.8俵しかないとのこと

畑作のそば畑はあまり雨の影響を受けていないが全体の面積は少なく、当地域の収穫量の予想は、平均反収で1俵あれば良いほうではないか


写真

秩父別(畑作)

秩父別も畑作地域は、まずまずの生育状況で1.5俵程度の収穫量は見込めるのではないか

写真  
写真 写真

>写真

秩父別

収穫後の畑

>写真  

9/4
美瑛

化成肥料を使用せず、鶏糞の有機肥料のみで栽培している

有機肥料を使用すると化成肥料で栽培した畑と比べて容積重が30〜50g程度多く、実が大きく育つとのことです


写真

美瑛

昨日雨の降る前に収穫を終えた畑


写真

美瑛

この地域も6月播種後の長雨の影響で、かなり雑草が目立つ

昨年1.6俵近く収穫された畑も今年は1俵程度しか収穫されていないとのこと

写真 写真

写真

美瑛

美瑛にある乾燥調製施設

写真  

戻る ページトップ

Top | 教室 | そば | うどん | 道具 | 乾麺・その他 | めん好き広場 | 業者様向け | 会社案内 | ネットショップ | 通信販売法の表記 | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright© Hokuto Flour Milling Co.,LTD 北東製粉株式会社(東京・豊島区・池袋)