北東製粉株式会社 TOP

ホームトップめん好き広場産地視察・紀行文>2002年北海道(旭川周辺)そばの旅

戻る進む

2002年北海道(旭川周辺)そばの旅

投稿者:北東製粉株式会社

2002/09/01〜2002/09/03

東京→千歳→幌加内→江丹別→幌加内→旭川→沼田→浦臼→札幌→千歳→東京

幌加内

第9回幌加内町新そば祭り(幌加内町役場前周辺)
北海道素人そば打ち名人大会やそば早食い大会そば打ち講習会などのイベントが楽しめました
また会場内では北海道内外から16店舗の手打そばのお店が出店し、各地の手打そばを楽しむことが出来ました

写真

写真

写真

写真

江丹別のそば畑

例年より気温が低く雨が多かったため生育が2週間程度遅れているそうです

写真

写真

幌加内のそば畑

江丹別同様に例年より生育が多少遅れていますがかなり結実し始めています

写真

写真

沼田のそば畑

例年出荷の早い地域です
開花時に気温が高温にならなかったことが幸いしミツバチがたくさんそば畑を飛び交い受粉が促進されその結果ふっくらとした実が結実しています
収穫も始まり調整をして出荷間近のようです

写真

写真

浦臼のそば畑

旭川よりやや南西に位置するため沼田等に比べると花が多く収穫までにはもう少し時間がかかりそうです

写真

写真

浦臼(神内ファーム21)のそば畑

実が登熟し始めコンバインで収穫が始まりました

写真

写真

写真

収穫したそばの乾燥調整施設

 

北海道(旭川周辺)産地状況 2002年9月2日現在

7月・8月にかけて例年より涼しく雨が多かったため生育状態は2週間程度遅れているようです
それに伴い品物自体もあまり良くないとのうわさが先行していましたが実際収穫した玄そばを見る限り実もふっくらしてよく結実しているので品物自体は悪くないと思われます(開花時に高温にならなかったことが幸いしミツバチが良く飛び交い受粉が促進され良く結実したようです)
また収量に関しては昔からそばの栽培をしている農家は例年通りの収量が見込まれそうですが減反制度に伴いここ数年そばを栽培していた農家がえん麦等の他の作物に栽培をシフトしたため全体の収量はここ数年に比べ3割程度減収となる予想です

表示内容がくずれる場合はお使いのブラウザの
JavaScript(ジャバスクリプト)をONにしていただく必要があります

WebブラウザでJavaを有効にする方法(Oracle Corporation java.com)リンク